【ニューヨークモーターショー15】トヨタ セーフティ・センス、米国では RAV4ハイブリッド に初搭載

新車 レスポンス

トヨタ自動車が3月30日、日本向けの『カローラ』改良新型に初採用した安全運転支援技術、「トヨタ・セーフティ・センス」。米国では、『RAV4』に初搭載されることが決定した。

これは3月30日、トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売が明らかにしたもの。「ニューヨークモーターショー15で初公開する『RAV4ハイブリッド』に、トヨタ・セーフティ・センスを装備する」と発表している。

RAV4ハイブリッドは、北米向けの現行RAV4がベースのハイブリッド。歴代RAV4にハイブリッドが設定されるのは、今回が初めて。現行RAV4は2012年秋、ロサンゼルスモーターショー12で初公開。現行型は4世代目。なお、日本仕様はモデルチェンジを受けず、3代目を継続販売中。

ニューヨークモーターショー15でワールドプレミアされるRAV4ハイブリッドが、米国でのトヨタ・セーフティ・センス搭載第一号となることが決定。日本同様、米国での「トヨタ・セーフティ・センス」も、2種類。小型車用の「トヨタ・セーフティ・センスC」と、ミディアム・高級車用の「トヨタ・セーフティ・センスP」。両者は、前方の状況を認識するレーザーセンサーに、違いがある。

現時点では、RAV4ハイブリッのトヨタ・セーフティ・センが、「C」か「P」かは、公表されていない。ただし、車格を考慮すると、上級車向けのPになる可能性が高い。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ