【ニューヨークモーターショー15】スバル WRX STI にラリークロスカー…2.0ターボは580hp

新車 レスポンス

スバル(富士重工)の米国法人、スバルオブアメリカは3月30日、米国で4月1日に開幕するニューヨークモーターショー15において、新型『WRX STI』の「ラリークロスカー」を初公開すると発表した。

同車は、スバル・ラリー・チームUSAが、「レッドブル・グローバル・ラリークロス」および「X Gamesラリークロス」に参戦するために、1年極秘に開発を進めてきたレーシングカー。スバルの技術パートナー、Vermont SportsCarと共同開発した。

「VT15x」と命名されたラリーレーサーのハイライトは、エンジン。2.0リットルの水平対向4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力が580hpに強化された。トランスミッションは6速シーケンシャル。駆動方式はAWD。0-96km/h加速は、わずか2秒の性能を誇る。

外観は市販車に対して、大幅にワイド化された。2014年マシンの「VT14x」から進化した点は、重量バランス、重心高、サスペンションのジオメトリーの最適化、エアロダイナミクス性能の向上など。

新型WRX STIの最新ラリークロスカーは5月31日、レッドブル・グローバル・ラリークロス開幕戦でデビューする予定。その直後の6月5日には、「X Games」に参戦する。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ