日産、小型トラック アトラスF24 を一部改良…ディーゼル車の燃費向上

新車 レスポンス

日産自動車は、小型商用車『アトラスF24』を一部改良し、4月1日より発売した。

今回の一部改良では、エンジンの仕様変更やタイヤサイズの変更によりディーゼル車の燃費を向上。1.5トン系4WDディーゼル車が新たに「平成27年度燃費基準」と低排出ガス車認定基準の「平成21年排出ガス基準10%低減」を達成した。

これにより、1.5系ディーゼル車の全車が「環境対応車普及促進税制(エコカー減税)」による減税措置に基づき、自動車取得税が40%、自動車重量税が50%の減税となる。

また今回、ディーゼル車ではすでに標準装着となっていた「リヤ・アンダー・プロテクター(後部突入防止装置)」をガソリン車にも標準装着し、安全性を高めた。

価格は218万8080円から444万4200円。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ