【ニューヨークモーターショー15】サイオン、新型2台とカスタマイズ 86 が主役

新車 レスポンス

トヨタ自動車の北米若者向けブランド、サイオンは3月27日、米国で4月1日(日本時間4月1日夜)に開幕するニューヨークモーターショー15の出展内容を明らかにした。

サイオンはニューヨークモーターショー15において、2台のワールドプレミアを計画。『オーリス』のサイオン版の『iM』と、ブランド初の4ドアセダン、『iA』がスタンバイ。

好例の特別仕様車、「RS」(Release Series)からは、最新の『FR-S』(日本名:トヨタ『86』)と、『tC』を展示。86はTRD製パーツを装着し、スポーツ性能を強化。tCは、専用のツートンボディが特徴。

2014年秋のSEMAショー14において、注目を集めた 86 のカスタマイズカーも、サイオンブースに華を添える。『スーパーストリートFR-S』は、前後フェンダーを大幅に拡幅し、迫力アップ。フロント275/35R18、リア295/35R18サイズのタイヤを収めた。アイバッハ製のキャンバーキットも組み込む。

2.0リットル水平対向4気筒ガソリンエンジンは、吸排気系を中心に、チューニング。外観は、TRD製の前後バンパー、サイドスカート、フェンダーガーニッシュに交換。さらに、エアロフロー・ダイナミクス製のフロントリップスポイラーやサイドスカートを追加した。

室内には、ゴッドスピード製の特注ロールケージを装着。レカロ製のスポーツシートやパーソナル製のステアリングホイールも採用した。オーディオはパイオニア製ヘッドユニットを核に、12インチのサブウーハーなどでグレードアップされている。

  • 森脇稔
  • サイオン iMの予告イメージ
  • サイオン iAの公式予告画像
  • サイオンFR-S (日本名:トヨタ86)のRS 1.0
  • サイオンtC RS9.0
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ