【ニューヨークモーターショー15】シボレー スパーク 新型、発表…グローバルミニ

新車 レスポンス

米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは4月1日(日本時間4月1日夜)、米国で開幕したニューヨークモーターショー15において、新型『スパーク』を初公開した。

スパークは、シボレーブランドの主力コンパクトカー。2009年後半、インドで『ビート』の車名で発売以来、世界累計販売台数は110万台を超えている。最量販市場は、韓国。以下、米国、メキシコの順で続く。

新型スパークは、シボレーのグローバルミニカーとして開発。世界の40以上の市場で販売を予定しており、シボレー車としては、最も多くの市場へ投入されるモデルのひとつ。新型では燃費や安全性、コネクティビティが重視された。とくに安全面では、前面衝突警告、車線逸脱警報、サイドのブラインドスポット警告などが用意される。

新型のボディサイズは、現行比でホイールベースを若干延長。全高は40mm低められた。シボレーによると、エアロダイナミクス性能を引き上げ、燃費を向上させる狙いがあるという。

パワートレインには、新開発の1.4リットル直列4気筒ガソリン「エコテック」を設定。最大出力は98hpと、現行比で16%高められた。トランスミッションは、5速MTとCVTが選択できる。

  • 森脇稔
  • シボレー スパーク 新型
  • シボレー スパーク 新型
  • シボレー スパーク 新型
  • シボレー スパーク 新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ