ルノーにグラスルーフ付限定車、楽しい気分になれる“デザイン”要素とは

新車 レスポンス

ルノー・ジャポンが100台限定で販売している、『ルーテシアクレール』は、本国に設定があるグラスルーフを採用した仕様で、クレールの名称はフランス語で“光”や“明るさ”を意味するものである。価格は249万8000円。

この限定車は、ルノー・ジャポンの基幹車種であるルーテシアの販売促進と話題喚起として導入された。ルノー・ジャポン広報グループの佐藤渉さんは、「グラスルーフは、数は多くはないもののお客様から導入への要望が寄せられていた」という。

しかし、カタログモデルにするほどの台数が見込めないことから、限定車としての導入に至った。また、「ルノーが重視しているデザインとは、クルマそのもののデザインはもとより、そのデザインを通して気持ちが和らいだり、楽しくなったりという、そういう心持ちまで見据えてデザインされている」と佐藤さん。

「その点ではグラスルーフもそういうデザインのひとつで、クルマを毎日楽しく使おう、楽しい気分になろうという要素であることから、今回の限定車導入に至った」と語った。

  • 内田俊一
  • ルノー ルーテシア クレール《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシア クレール《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシア クレール《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシア クレール《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシア クレール《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシア クレール《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシア クレール《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシア クレール《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシア クレール《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシア クレール《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシア クレール《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシア クレール《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシア クレール《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシア クレール《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシア クレール《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ