【JALと働くクルマ】整備士にも求められる「定時性」の大切さ

業界 レスポンス

羽田空港には、旅客機の運航を支える、さまざまな珍しい車両が存在していた。そして、それらを操る地上業務のスタッフや、車両を整備するスタッフの話を聞いていると、たびたび同じフレーズを耳にすることができた。それが「定時性」だ。

たとえば、旅客機を移動させたり、荷物の積み卸しを行う地上スタッフに、「大変なことは何ですか?」とたずねれば、「どうしても時間に追われてしまいます。少し飛行機が遅れて到着したりメンテナンスなどで、出ていくまでの時間が短くなることがあります。そのときは最良の判断をしないといけません。安全を第一に考えながら、自分たちが普段できることをやりながら、その中で定時性を高めるのが一番難しいですね。時間が豊富にあれば、私どもも楽に仕事ができますけれど、そうはいきませんからね」とは、JALグランドサービス東京の渡辺恭尚氏だ。

ちなみに「定時性」とは、予定通りのスケジュールで運行を行うこと。世界の中でも運行遅れが少ないという日本の鉄道マンも同じく「定時性」を大切にする人たちだ。それと同じことを旅客機のスタッフも口にする。しかも、驚くのは車両の整備士さえも同じだというのだ。

「日本航空グループとして、まずは飛行機の運航の定時性と安全性を第一に考えています。整備の早さだけではありません。空港内で作動オイルを漏らしたら、空港全体の大問題になります。そういったところを現場の整備士は、常に考えて整備をしています」とは、JALの車両のメンテナンスを一手に引き受けるJALエアテック施設GSE事業部羽田事業所 羽田車両グループ・グループ長の宮内和氏だ。

ちなみに、空港で使用される車両は日本製には限らない。世界中のあちらこちらのメーカーの製品を利用する。その場合、導入時に、日本製の部品との互換性や、日本でのオーバーホールや補修が可能かどうかも検討されるという。「部品が届かないから修理が遅れる」ことがないように配慮しているというのだ。これも「定時性」を重要視する一例と言えよう。

しかし、旅客機というものは、意外と気流の関係で遅れたり早く着いたりしてしまう。天候にも左右されやすい乗り物だ。

「天候が悪いときときがあります。雨や雪が降ったり、そのときも定時に出す。ただ、焦るのではなく、安全をしっかり徹底して、作業を行うというのが難しいところであり、やりがいにつながるのかなと思います」とJALグランドサービス東京の西川和宏氏。

焦ってしまえばミスをしやすくなるもの。そうなれば、普通では考えられないようなミスも生まれる。

「旅客機を移動させるトーイングでは、指示が右と左しかないわけですよ。それを間違ってしまうと、混雑した空港の中では、まわりの航空機に迷惑を与えてしまいます。ヘディングっていうんですけれど、頭を向ける方向。これを間違えることも過去にはありました。“上司にはどうしてお前、右と左しかないのに、間違えるの?”と。でも、見方を変えると2分の1の不正解率なんですね。間違いが半分の作業をやっている。それをゼロにしようと努力しています」と渡辺恭尚氏。

そうした努力の末に、日本の旅客機の「定時性」が守られているというわけだ。

「仕事をしていて嬉しいことは?」と聞けば、「私たちは、最後にお客様に手を振るんですよ。“感謝をこめて、ありがとうございます”と。それを振りかえしてもらえると、非常に嬉しいですね。お客様と通じる瞬間。この仕事をやっていて良かったなと思う瞬間です」と渡辺氏。

  • 鈴木ケンイチ
  • JALと働くクルマ《撮影 鈴木ケンイチ》
  • JALと働くクルマ《撮影 鈴木ケンイチ》
  • JALと働くクルマ《撮影 鈴木ケンイチ》
  • JALと働くクルマ《撮影 鈴木ケンイチ》
  • JALと働くクルマ《撮影 鈴木ケンイチ》
  • (株)JALグランドサービス東京の渡辺恭尚氏《撮影 鈴木ケンイチ》
  • (株)JALグランドサービス東京の西川和宏氏《撮影 鈴木ケンイチ》
  • (株)JALエアテックの宮内 和氏《撮影 鈴木ケンイチ》
  • JALと働くクルマ《撮影 鈴木ケンイチ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ