【ニューヨークモーターショー15】シボレー マリブ 新型にハイブリッド…燃費は カムリ より上

新車 レスポンス

米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは4月1日(日本時間4月1日夜)、米国で開幕したニューヨークモーターショー15において、新型『マリブ・ハイブリッド』を初公開した。

マリブは、GMの米国ベストセラーセダン。トヨタ『カムリ』やホンダ『アコード』と競合するミッドサイズセダン。初代マリブは北米専用車だったが、現行の2代目は世界6大陸、約100か国で販売されるグローバルカーに位置付けられる。

ニューヨークモーターショー15では、ガソリン車の新型『マリブ』と同時に、新型マリブ・ハイブリッドもデビュー。ハイブリッドシステムには、1月のデトロイトモーターショー15で初公開された新型『ボルト』のプラグインハイブリッド技術を応用した。

エンジンは、新開発の直噴1.8リットル直列4気筒ガソリン。2個のモーターは、新型ボルト用がベースとなる。エンジンとモーターを合わせたトータル出力は、182hp。二次電池は、蓄電容量1.5kWhのリチウムイオンバッテリー。EVモードでは、最高速88km/hでゼロエミッション走行できる。

ニューヨークモーターショー15のプレスカンファレンスでは、新型マリブ・ハイブリッドの燃費性能を公表。EPA(環境保護局)の予想燃費は、市街地20.4km/リットル、高速19.1km/リットル、複合モード20km/リットルとした。シボレーは、「フォード『フュージョン』、トヨタ『カムリ』、ヒュンダイ『ソナタ』の各ハイブリッドよりも、複合モード燃費は上」とアピールしている。

  • 森脇稔
  • 新型 シボレー マリブ ハイブリッド
  • 新型 シボレー マリブ ハイブリッド
  • 新型 シボレー マリブ ハイブリッド
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ