既存のフィールドを越える“試金石”になるか…ウィラーが描く交通ネットと可能性

業界 レスポンス

運輸やITマーケティングを手がけるウィラーグループが、4月1日から北近畿タンゴ鉄道(京都丹後鉄道)の運行を担う。既報のとおり、同社はまず地域の移動手段に主眼を置き“ウィラー的手法”で移動を変えていくという。

ウィラーグループの代表を務める村瀬茂高氏は、2年前の雑談のなかで、電車やバス、飛行機、船という枠を越えた将来像について語っていたことがある。ピンクの路線バス、ピンクのレンタカー・タクシー、ピンクの飛行機、ピンクの街……。「もちろんピンクにこだわってない」と念を押しながら、移動の近未来を途切れることなく語っていた。

5年前、雑誌取材のなかで、もとJR東海会長の須田寛氏は、成熟しつつある東海道新幹線の利用イメージについて「新幹線はもう“憧れの乗り物”じゃない。これからは世代を問わずいろいろな人がサンダルやTシャツでサラッと乗れるような移動手段になるはず」と語った。

1969年の東京オリンピック開催にあわせるかたちで、“日本の大動脈”となる新幹線が誕生し、東海道を行く夜行列車が徐々に存在感を失った。平成の時代に入り、それに追い討ちをかけるように高速バスが台頭。ウィラーもその“先陣”として、座席ラインナップやツアー、セット割引などを矢継ぎ早に展開した。そのウィラーが、次の一手として、地方の鉄道に着眼した。

都市間輸送に目を向けると、たとえば東京と京都の間は、2時間ほどで結ぶ東海道新幹線がいまも“主役”だが、その半額ほどの料金で深夜に走る高速バスの“ビジネスクラス”も「平日・休日を問わず空席があまりない状態」(ターミナル関係者)という。ほぼフラットになる座席や、コンセント、無線LANなどが備わるウィラーの「ニュープレミアム」に乗ったときは、外国人観光客やビジネスマン、観光客で満席だった。

「地域の移動をもっとよくしたい」と思う事業者と、「新幹線をもっと気軽に使ってほしい」という鉄道会社の“想い”がうまくマッチしたとき、また新たな“移動のインパクト”が生まれるだろう。

近い将来、陸海空の既存交通の枠を越えたコラボで、移動手段のない地から、さらに僻地へと向かうといった場合でも、“最適な移動プラン”が、手のひらで瞬時につかめる時代がやってくるかもしれない。

  • 大野雅人
  • ネットで予約し、スマホに表示された情報だけで乗車するバスへとたどりつける(WILLERバスターミナル新宿西口)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • WILLERバスターミナル新宿西口にずらりと並ぶウィラーバス《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 横3列、前後8列の「ニュープレミアム」はビジネスや観光の客で平日・休日ともに混雑する。コンセントとテーブルが付き、ノートパソコンを開く客の姿も多く見られる《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 4月1日から北近畿タンゴ鉄道はウィラーグループが手がけることに。同グループの交通ネットワークに“鉄道運行”が加わり、新たな移動のイメージがふくらむ《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 年末に出張で琴引浜に訪れたとき、地元の人たちは「(宮津線の運行事業者が変わって)新しくてスピーディな取り組みが始まることを期待している」と話していた《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • “京都丹後鉄道”の網野駅で名物「ばら寿司」を。4月1日から北近畿タンゴ鉄道はウィラーグループが手がけることに。同グループの交通ネットワークに“鉄道運行”が加わり、新たな移動のイメージがふくらむ《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 年末の出張で琴引浜に訪れたとき、地元の人たちは「(宮津線の運行事業者が変わって)新しくてスピーディな取り組みが始まることを期待している」と話していた《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • WILLERバスターミナル新宿西口には、外国人観光客の姿も多く見られる《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 東京と関西を結ぶウィラーの夜行高速バス。京都駅前を発ち、終点まであとわずか《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 横3列、前後8列の「ニュープレミアム」はビジネスや観光の客で平日・休日ともに混雑する。コンセントとテーブルが付き、ノートパソコンを開く客の姿も多く見られる《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 横3列、前後8列の「ニュープレミアム」はビジネスや観光の客で平日・休日ともに混雑する。コンセントとテーブルが付き、ノートパソコンを開く客の姿も多く見られる《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 新名神高速道路 土山サービスエリア(滋賀県甲賀市)で休憩するウィラーバス。SAの駐車場などでは、乗務員による安全点検が行なわれ、ホイールナットを叩くカチカチという音が聞こえてくる《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 東京と関西を結ぶウィラーの夜行高速バス。京都駅前を発ち、終点まであとわずか《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 新名神高速道路 土山サービスエリア(滋賀県甲賀市)で休憩するウィラーバス。SAの駐車場などでは、乗務員による安全点検が行なわれ、ホイールナットを叩くカチカチという音が聞こえてくる《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 年末の出張で琴引浜に訪れたとき、地元の人たちは「(宮津線の運行事業者が変わって)新しくてスピーディな取り組みが始まることを期待している」と話していた《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ