ヤマハ発動機、インドネシアの二輪車開発拠点が稼動開始

モーターサイクル レスポンス

ヤマハ発動機は、インドネシアにアセアン市場向けの二輪車開発拠点「ヤマハ・モーターR&Dインドネシア」(YMRID)が稼動開始したと発表した。

YMRIDは、アセアン市場のユーザー要望に合致する商品開発を行う会社。ジャカルタ市内の二輪製造・販売子会社ヤマハ・インドネシア・マニュファクチャリング敷地内に拠点を置く。タイのヤマハ・モーター・アジアン・センター(YMAC)とともに、二輪車の外装変更モデルの開発やカラー&グラフィック変更開発、原価低減活動などを行う。

ヤマハ発動機グループは、日本の本社で将来成長に向けたコア技術・先行技術などの技術戦略領域・基盤技術領域を担当しながら、市場に近い現地拠点が市販モデル開発領域を担っている。

今回稼動開始したインドネシアやタイのほか、イタリア、インド、中国、台湾に研究開発拠点を設置しており、これら拠点を活用しながらグローバルなモノ創りを推進する。

  • 編集部
  • ジャカルタ《画像提供: Qatar Airways》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ