【プジョー 308 発売】アピールポイントはクラスを超えた完成度

新車 レスポンス

2014ヨーロッパカーオブザイヤーを受賞した、プジョー『308』のアピールポイントはクラスを超えた完成度だという。

これまでプジョーの名称は、最初の一桁をクルマの大きさ、最後の一桁で世代を表現してきた。いくつかの例外はあるものの、基本的には308の1世代前は『307』、その前は『306』といった具合だ。しかし、「今後は“308”から変えることはない」と話すのは、オートモビルプジョーインターナショナルコミュニケーションズマネージャーのトーマス・マーチャント氏だ。

プジョー発祥の地、ソショーの工場で生産される308は、「フランス国内では20%を超えるシェアで、Cセグメントでは1位を記録している」という。また、2014年4月に発売した『308 SW』は、「ヨーロッパのこのセグメントで第2位の販売実績だ。マーケットシェアは10%を超えている」とマーチャント氏は説明。

プジョー・シトロエン・ジャポンプジョーPRマネージャーの英信司さんは、308のアピールポイントについて、「クラスを超えた完成度だ。これをもとに、3つのキーワードである、“デザインと品質”、“テクノロジー”、“i-Cockpit”を掲げ、これが308の特徴を表現している」と話す。

2015年の日本の販売目標について英さんは、「ハッチバックが1350台。SWは1650台、合計3000台を目標にしている」と語った。

  • 内田俊一
  • プジョー 308《撮影 内田俊一》
  • プジョー 308《撮影 内田千鶴子》
  • プジョー 308《撮影 内田俊一》
  • プジョー 308《撮影 内田俊一》
  • プジョー 308《撮影 内田俊一》
  • プジョー 308《撮影 内田俊一》
  • プジョー 308《撮影 内田俊一》
  • プジョー 308《撮影 内田俊一》
  • プジョー 308《撮影 内田俊一》
  • プジョー 308 SW《撮影 内田俊一》
  • プジョー 308 SW《撮影 内田俊一》
  • プジョー 308 SW《撮影 内田俊一》
  • プジョー 308 SW《撮影 内田俊一》
  • プジョー 308 SW《撮影 内田俊一》
  • プジョー 308 SW《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ