ルノーキットスポールキャンペーン実施…本国での採用経験もあり

業界 レスポンス

4月1日より始まった、ルノーキットスポールキャンペーンは、ルノー・ジャポンが日本で企画した専用マフラーやホイール、スポイラーを『ルーテシアルノースポール(以下ルーテシアRS)』と、『メガーヌルノースポール(以下メガーヌRS)』新車購入時に取り付けると15万円をサポートするキャンペーンだ。

今回採用されたホイールはイタリアのマルケジーニ製で、二輪のレース用ホイールを作成するなど、ブランド力とともに技術も高いことから共同での開発に至った。ルノー・ジャポン広報グループの佐藤渉さんは、「ルノー・スポールのパーツなので、高いクオリティと、デザインも相応しいものが必要だった。マルケジーニもそういうところを重要視しており、更に機能を殺してまでデザインを優先するということは絶対にしないことがルノー・スポールの考えと共通していた」という。

同様にマフラーは日本のFUJITSUBOとの共同開発で、先代メガーヌRSの時代から始まっている。佐藤さんによると、先代メガーヌR26Rのオプションとしてこのチタンマフラーが本国でも採用されていたという。「R26RはメガーヌRSを軽量化して運動性能を高めたクルマなので、そのコンセプトに合う軽量化パーツをオプションで設定したかったようだ。しかし、当時はチタンパーツがとても高く、また(本国で開発した場合)コスト的に合わなかったことから、日本で開発したマフラーをルノー・スポールでテストをした結果、採用になった」と経緯を話す。

このマフラーの売れ行きは好調で、「R26R購入者の7割から8割の装着率だった。軽量化が謳い文句のクルマであることから、より軽くなるパーツであることから装着に結び付いたようだ」と、本国も認めたクオリティのパーツを作成していることを強調した。

  • 内田俊一
  • ルノー・ルーテシアRSルノー・ジャポンオリジナル専用スペシャルパーツ装着車(デカール類は参考装着)《撮影 内田俊一》
  • ルノー・ルーテシアRSルノー・ジャポンオリジナル専用スペシャルパーツ装着車(デカール類は参考装着)《撮影 内田俊一》
  • ルノー メガーヌRSルノー・ジャポンスペシャルパーツ装着車《撮影 内田俊一》
  • ルノー メガーヌRSルノー・ジャポンスペシャルパーツ装着車《撮影 内田俊一》
  • ルノー メガーヌRSルノー・ジャポンスペシャルパーツ装着車《撮影 内田俊一》
  • ルノー メガーヌRSルノー・ジャポンスペシャルパーツ装着車《撮影 内田俊一》
  • ルノー メガーヌRSルノー・ジャポンスペシャルパーツ装着車《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ