トヨタ 中国販売、20.9%減の7万台…8か月ぶりに減少 3月

業界 レスポンス

トヨタ自動車の中国法人は4月1日、3月の中国における新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は7万1500台。前年同月比は20.9%増と、8か月ぶりに前年実績を下回った。

トヨタの3月実績の前年同月比は、20.9%減と、2月の18.6%増から一転、大幅な落ち込み。2014年夏にモデルチェンジした主力セダンの『カローラ』と、新型車の『レビン』の販売は好調だったが、小型セダンの『ヴィオス』など、他の車種の販売が振るわなかった。

トヨタの中国合弁には、第一汽車との一汽豊田、広州汽車との広汽豊田の2社がある。

トヨタの2014年の中国新車販売台数は、初の100万台超えとなる103万2400台。前年比は12.5%増と、2桁増を達成した。2015年1‐3月は、前年同期比0.1%減の22万7700台。

トヨタは2015年の中国新車販売に関して、前年比6.5%増の110万台以上を、販売目標に掲げている。

  • 森脇稔
  • トヨタ レビン(北京モーターショー14)《撮影 椿山和雄》
  • トヨタ・ヴィオス
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ