ボルボ XC90 新型、先行受注2.4万台…初年生産分のほぼ半数

業界 レスポンス

スウェーデンの高級車メーカー、ボルボカーズが2014年10月、パリモーターショー14で初公開した新型『XC90』。このボルボの最上級SUVの世界受注が、好調に推移している。

新型XC90の特徴のひとつが、ボルボカーズの新世代車台、「SPA」の採用。SPAとは、スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャーの略。SPAは、さまざまなボディタイプ、ガソリンやディーゼルエンジン、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)などにも対応できる柔軟性を持つ。また、広い室内スペースを実現できるのも、SPAの売り。ボルボカーズによると、新型XC90では3列目シートにも身長170cmの乗員が快適に着座でき、真の7 シーター車として使えるという。

新型XC90では、エンジンのダウンサイジングを一気に進めた。新型XC90用のボルボカーズの新世代エンジン、「Drive-E」は全て4気筒。先代の 6気筒やV型8気筒は設定されない。Drive-Eの4気筒には、ガソリンとディーゼルがある。新型XC90ではこの4気筒エンジンのチューニングを変え ることで、異なる出力特性を実現した。

ボルボカーズは4月2日、新型XC90の先行受注が、全世界でほぼ2 万4000台に到達した、と発表。新型XC90は2015年の春すぎに発売される予定で、初年の生産台数は5万台を計画。先行受注がすでに、生産量のおよそ半分に達したことになる。

ボルボカーズのマーケティング・営業&顧客サービス担当、アラン・フィッセル上級副社長は、「新型XC90に対する顧客の大きな期待が、自信につながる。2015年の販売新記録が見込まれる」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • ボルボ XC90 新型
  • ボルボ XC90 新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ