【ニューヨークモーターショー15】トヨタ RAV4、ガソリン車も進化…表情一新

新車 レスポンス

トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は4月2日、米国で開催中のニューヨークモーターショー15において、『RAV4』の2016年モデルを初公開した。

北米向けの現行RAV4は2012年秋、 ロサンゼルスモーターショー12でデビュー。現行型は4世代目。なお、日本仕様はモデルチェンジせず、3代目が継続販売されている。ニューヨークモーターショー15では、『RAV4ハイブリッド』の追加と同時に、ガソリンエンジン搭載のRAV4も、初の大幅改良を受け、2016年モデルに進化を遂げた。

外観は、フロントマスクを中心に変更。グリルや大きな開口部が特徴のバンパー、LEDヘッドライトなどで、表情を一新する。リアは、テールゲートやバンパーが新デザイン。サイドでは、ロッカーパネルやアルミホイールが新しい。

室内は、素材の見直しにより、クオリティを向上。最新トヨタ車に見られるメーター内の4.2インチTFTマルチインフォメーションディスプレイも採用された。新デザインのカップホルダーやサングラスホルダー、電源ソケットなど、機能性も引き上げられた。

安全面では、新世代安全支援システム、「トヨタ・セーフティ・センス」を、米国向けトヨタ車として初めて導入。「バーズアイ・ビュー・モニター」を用意するなど、安全性が高められている。

  • 森脇稔
  • トヨタ RAV4の2016年モデル
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ