【全日本モトクロス15】成田亮がパーフェクトウィン、『Team HRC』滑り出し上々

モータースポーツ レスポンス

全日本モトクロス選手権がHSR九州(熊本)で開幕し、「IA1」ではホンダの成田亮がダブルウインを達成。「IA2」でもホンダに乗る富田俊樹が総合優勝を果たし、『Team HRC』が両クラスを制した。

決勝レースが行われた4月5日(日)は悪天候に見舞われ、昼ごろにかけては断続的な大雨。コースはマディコンディションとなったものの4900人もの観衆が集まった。

レースは2ヒート制で行われ、「IA1」で両ヒートを制した成田亮は次のようにコメント。

「シーズンオフに鎖骨とろっ骨を折ってしまい、あまりマシンに乗ることなくこの開幕戦を迎えました。そんな状況に加え、チームメートの小方選手をはじめとするライバル勢が好調。事前のテストなどでは、コンディションがいい路面では自分の方が遅かったので、正直なところ今回は勝てないだろうと思って臨みました」

「その一方で、ここはホンダのホームコースで、今回も大勢のホンダ関係者が応援に駆けつけてくれていたので、なんとしても勝たなければいけないという思いもありました。その分プレッシャーが大きかったですが、結果的には両ヒートで勝利を収めることができ、ホッとしました。今季は、徐々に調子を上げていくつもりで、最終的には王座を守りたいです」

また、「IA2」で総合優勝(3位/1位)した富田俊樹は、次のようにコメント。

「開幕戦ということで、特にヒート1はかなり緊張してしまいました。シーズンオフに、肩の脱きゅうグセを治す手術をして、3月上旬から1か月くらいしか乗り込めていないという不安があり、その一方で、チームの体制や参戦するライバルたちのことを考えれば、勝って当然とすら言われるような環境。そういうことを考えすぎ、必要以上に硬くなってしまったことが、ヒート1の悪い走りにつながりました。ヒート2では、なんとか勝利こそ得られましたが、走りの内容ではこちらも満足できるようなものではありませんでした。とはいえ、緊張という点では開幕がピークとなるはずです。シーズン全勝は狙えなくなりましたが、残り9戦18ヒートをすべて勝つために、まずは次戦で両ヒートを制覇します」

『Team HRC』が好発進を決めた全日本モトクロス選手権。次戦は4月19日(日)オフロードヴィレッジ(埼玉)だ。

  • 青木タカオ
  • IA1 成田亮選手の走り画像:ホンダ
  • IA1 成田亮選手の走り画像:ホンダ
  • IA1 成田亮選手(ゼッケン1)と小方誠選手(ゼッケン2)画像:ホンダ
  • IA1 表彰式画像:ホンダ
  • IA1 小方誠選手の走り画像:ホンダ
  • IA1 小方誠選手も3位表彰台画像:ホンダ
  • IA2 富田俊樹選手の走り画像:ホンダ
  • IA2 表彰式での富田俊樹選手画像:ホンダ
  • HondaのワークスチームであるTeam HRCからは、今季で4年目のコンビとなる昨年度王者の成田亮と昨年度ランキング2位の小方誠が、最高峰クラスのIA1に参戦。3年連続の年間ランキングトップ2を目指す。また、IA2には富田俊樹の1台体制で臨み、Hondaと富田にとって2年ぶりとなる王座奪取を狙う。画像:ホンダ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ