【パイクスピーク15】ホンダ NSX 新型、公式ペースカーに起用

新車 レスポンス

ホンダが2015年内に、世界市場で発売する新型『NSX』。同車が、世界一過酷なヒルクライムレースにおいて、ペースカーを務めることが分かった。

これは3月30日、ホンダの米国法人、アメリカンホンダが明らかにしたもの。「6月末に米国コロラド州で開催される2015パイクスピーク国際ヒルクライムにおいて、新型NSXが公式ペースカーを務める」と発表している。

パイクスピーク国際ヒルクライムは、米国コロラドスプリングスで、1916年から開催されており、世界で最も有名なヒルクライムレース。競技は全長 20kmのコースを一気に駆け上がり、タイムを競う。標高はスタート地点が2800mで、ゴール地点が4300m。標高差1500m、コーナー数156、 ゴール付近では標高の高さに起因する酸素不足により、パワーが約30%ダウンするという過酷なモータースポーツ。

ホンダは2011年、北米モータースポーツ部門のHPD(ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント)がパイクスピークへ初参戦。以来、同レースへの参戦とスポンサード活動を続けている。

アメリカンホンダは、「次世代NSXがファンの前で初走行。6月28日、パイクスピークのコースを確認走行する」と説明している。

  • 森脇稔
  • 新型 ホンダNSX
  • 新型 ホンダNSX
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ