【アウディ A7スポーツバック 新型発表】マトリクスLEDヘッドライトを採用

新車 レスポンス

アウディ ジャパンは、新型『A7/S7/RS7 スポーツバック』を4月21日より発売する。

A7スポーツバックは2011年に登場したラグジュアリー4ドアクーペ。新型はアルミニウム素材と高張力鋼板の採用による軽量化&高剛性ボディ、最新版2.0TFSIエンジンの採用、先進の環境技術や安全装備など数多くの特長を備え、プレミアムセグメントに新たな価値を提供する。

エクステリアでは、シングルフレームグリルが角をより強調した彫刻的なデザインとなり、バンパーやボンネットも刷新した。また、マトリクスLEDヘッドライトを新採用。ハイビーム時にカメラでセンシングを行い、必要に応じてLEDを個別に点灯・消灯することで対向車や先行車を眩惑することなく、正確に路面を照射する。

エンジンは2種類を用意。スーパーチャージャー付きのV6 3.0 TFSIエンジンは、出力を23ps高め333psを発揮する。また新たに直4 2.0TFSIエンジン搭載車を8月から発売する予定だ。ともに7速Sトロニックとクワトロフルタイム4WDシステムの組み合わせでパワーを余すところなく路面に伝える。

新型S7スポーツバックは、30psアップの最高出力450psを発生するツインターボ付きV8 4.0リットルTFSIエンジンと7速Sトロニックの組み合わせ。RS7スポーツバックは、最高出力560psを発揮するツインターボ付きV8 4.0リッターTFSIエンジンを搭載。燃費向上に寄与する8速ティプトロニックトランスミッションを組み合わせる。

装備面では、アウディ独自のインフォテイメントシステムMMI(マルチメディアインターフェース)が最新世代へと進化。携帯電話回線でMMIをネットワークに接続できるアウディコネクトを導入。天気、ガソリンスタンド、駐車場、ニュース、フライト情報などさまざまな情報がリアルタイムで入手できる。

安全面では、アウディ プレセンスプラスなど、最先端のドライバー アシストシステムを搭載。なかでも、アウディ サイドアシストとアウディ アクティブ レーンアシストはより密接に連携し、レーンチェンジの際の安全性などを向上させる。

価格はA7スポーツバック 2.0 TFSI クワトロが716万円、同3.0 TFSI クワトロが924万円、S7スポーツバックが1344万円、RS7スポーツバックが1772万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • アウディ A7スポーツバック
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ