アウディジャパン大喜多社長、ディーゼル車「いつでも出せる」

新車 レスポンス

アウディジャパンの大喜多寛社長は4月7日に都内で開いた新車発表会後、報道陣の囲み取材に応じ、クリーンディーゼル車の投入に関して「いつでも出せる状態に近いところまで来ている」とした上で、「他社のような細切れでなく、出す時は出す」との方針を明らかにした。

大喜多社長は「ルマンで優勝したディーゼルということで、やはり一番いいタイミングで出したいと思っている。ただ他社はディーゼルモデルを細切れに出しているが、うちは細切れではなく、出す時はだす。あっという出し方をする」と述べ、幅広いモデルにクリーンディーゼルを搭載する考えを示した。

投入時期について大喜多社長は「タイミングが難しいのは、これからずっと新型車の投入がある。『A1』、『Q3』、『A6』、『TT』、それから『A3 e-トロン』と続くので、タイミングを図っている。年内(の投入)はないが、だけど1年後ということもない」と語った。

アウディジャパンは同日、1年ぶりの新型車となる『A7』の改良型を発表した。発表会で大喜多社長は「1年間、本当に新型車の投入がなく、他社がいろんな新型車を投入する中で、我々としてはじっと我慢していた」と振り返った上で、「新型『A7』に続き、『Q3』、『A1』、そして待望の『TT』のフルモデルチェンジ、それから『A3』のプラグインハイブリッドモデルのe-トロンを年内に投入していく」と話した。

  • 小松哲也
  • アウディジャパン 大喜多寛 社長《撮影 小松哲也》
  • アウディ 新型 A7 スポーツバック 記者発表会《撮影 小松哲也》
  • アウディ 新型 A7 スポーツバック 記者発表会《撮影 小松哲也》
  • アウディ 新型 A7 スポーツバック 記者発表会《撮影 小松哲也》
  • アウディ 新型 S7 スポーツバック《撮影 小松哲也》
  • アウディ 新型 S7 スポーツバック《撮影 小松哲也》
  • アウディ 新型 S7 スポーツバック《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ