日野、小型トラック デュトロ を改良…安全装備を充実

新車 レスポンス

日野自動車は、小型トラック『デュトロ』を改良して、5月7日に発売する。

今回の改良では、車両安定制御システム「VSC(横滑り防止機構)」および「電動パーキングブレーキ」をディーゼル車およびハイブリッド車に標準装備とし、安全装備を充実させた。デュトロのVSCは先進安全自動車(ASV)技術としての「車両安定制御装置」の技術的要件を満たしており、装着車はASV減税の対象となる。

またハイブリッド車はエコカー減税の新たな区分「2015年度燃費基準+15%達成」の適用対象となり、取得税、重量税がともに免税となる。

VSCは、横転や滑りやすい路面でのドリフトアウトやスピンを抑制するために、警報音やエンジンの出力制御、またブレーキを作動させることでドライバーの危険回避操作を支援する。

電動パーキングブレーキは、電動モーターがパーキングブレーキケーブルを牽引することで制動力を発生させる仕組みで、軽いレバースイッチのON・OFF操作だけでパーキングブレーキの作動・解除が可能。また、車両の状況に応じて引き代を自動コントロールするため、常に制動力を確保し安全・確実な駐車をサポートする。

価格は2トンディーゼル車、標準幅キャブ、標準長ボデー、全低床、スタンダードグレード、カーゴ完成車、5MTが417万4740円。3トンHV車、ワイドキャブ、ロングボデー、全低床、スタンダードグレード、カーゴ完成車、5速AMTが555万1740円など。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • VSC(横滑り防止機構)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ