【バリアフリー15】日産とオーテック、e-NV200 送迎タイプなどを出展

業界 レスポンス

日産自動車とオーテックジャパンは、4月16日から18日までの3日間、 インテックス大阪で開催される総合福祉機器展「バリアフリー2015」に、ライフケアビークル(LV)を6台出展する。

日産自動車グループでは、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV)と呼称し、個人ユースから施設での利用まで対応する、幅広いラインナップを取り揃えている。

今回、日産電気自動車初の商用車である『e-NV200』をベースに、福祉施設や病院などでの送迎用として使える「送迎タイプ」を福祉展で初披露するほか、今春に発売を予定している「日産デイズ ルークス アンシャンテ 助手席回転シート」を先行して展示する。

また、展示ブースでは、前方の車両や歩行者との衝突回避をサポートする「エマージェンシーブレーキ」や、「アラウンドビューモニター」など、日産の先進安全装備も紹介する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ