ルノー日産、アドビシステムズのデジタルマーケティングソリューションを採用

業界 レスポンス

アドビシステムズは、日産自動車がルノーと共通のデジタルマーケティングプラットフォームを構築するため、アドビのデジタルマーケティングソリューション「アドビ・マーケティング・クラウド」を採用したと発表した。

日産は、世界20の国や地域に生産拠点を展開し、ニッサン、インフィニティ、ダットサンの3つのブランドを展開している。

これまで、世界各国で展開する各拠点の裁量でデジタルマーケティングが行われていたため、一貫したブランドイメージの構築が課題となっていた。

日産では、グローバルマーケティングディビジョンが主導してデジタルマーケティングの変革に着手し、各拠点の強みを発揮できるルノー・日産アライアンス共通のデジタルマーケティングプラットフォームとして、アドビのデジタルマーケティングソリューションと、コーポレートパブリッシングソリューション「アドビ・デジタル・パブリッシング・スイート」を採用した。

今回採用したシステムを活用することで、各拠点のマーケターとクリエイティブチームは、顧客との接点となるモバイルやソーシャル、ディーラー網などの多様なデジタルチャネルを通じて、顧客ごとの興味やし好に基づいたコミュニケーションを図りながら、一貫したブランドアセットを迅速、効率的に活用していく。

日産では、デジタル変革によって、グローバル資源の活用、重複投資の合理化、プロセスの標準化を図り、年間あたりのマーケティング投資を半分に抑制することを目指す。

また、顧客ごとに適した体験を提供することでマーケティング費用対効果の向上と収益性向上も図る。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ