コンチネンタル、豊田市にエンジニアリングセンターを開設…国内4か所目の開発拠点

業界 レスポンス

コンチネンタル・ジャパンは、日本におけるエンジニアリング能力強化を目的に、愛知県豊田市に「コンチネンタル・エンジニアリングセンター(豊田)」を6月1日に開設すると発表した。

ドイツに本社を置くコンチネンタルは、約20万人の従業員を擁し、世界53か国で事業を展開。技術的強みを背景に、国内外において日本の自動車メーカーとのビジネスを拡大している。

日本では1100人を超える従業員のうち半数以上がエンジニアだが、グローバルビジネスの成長にともない、日本におけるエンジニアリング能力の強化が求められていた。今回のエンジニアリングセンター開設により、コンチネンタルの日本における開発拠点は、旭(千葉県)と紋別(北海道)の2つのテストコース、横浜と豊田の2つのエンジニアリングセンターの計4か所となる。

コンチネンタル・ジャパンのクリストフ・ハゲドーンCEOは、「グローバルで進展する日本の自動車メーカーとのビジネスへの積極的な対応として、新たにエンジニアリングセンターを豊田市に設立する。同センターの設立は、ビジネスの成長を維持・継続していくための重要な取り組みの一つと位置付けている」と述べている。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ