【上海モーターショー15】レクサス ES、改良新型モデルを初公開へ

新車 レスポンス

レクサスは4月9日、中国で4月20日に開幕する上海モーターショー15において、改良新型『ES』を初公開すると発表した。

レクサスESは1989年、トヨタ『カムリ』のプラットフォームをベースに開発されたFF車。日本でもトヨタ『ウィンダム』として販売された。ウィンダムは2006年をもって廃止されたが、北米向けには2006年4月、5代目レクサスESが登場。現在は北米や中国などで販売されており、世界累計販売台数は170万台を超えている。

現行レクサスESは、6世代目。2012年4月、ニューヨークモーターショー12でワールドプレミアされた。この6代目ESがデビューから3年を経て、上海モーターショー15では初の大幅改良モデルを発表する。

現時点でレクサスは、改良新型ESの詳細を明らかにしていない。レクサスによると、クラシカルな上品さを保ちながら、さらにダイナミックな走行性能や、ラグジュアリーなクラフトマンシップを追求するという。

レクサスは、改良新型ESの予告イメージを1点配信。新デザインのヘッドライトやスピンドルグリルが見て取れる。

  • 森脇稔
  • レクサス ES 現行型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ