四半世紀を迎えたクラシックカーイベント、初日がスタート…第25回コッパ ディ 小海開催

モータースポーツ レスポンス

コッパディ小海実行委員会が主催する、クラシックカーイベント、第25回コッパディ小海が4月11日、小海リゾートシティ・リエックス(長野県南佐久郡)をスタートした。

コッパディ小海には数えきれないほど魅力はあるが、小さなイタリア車や戦前のブガッティなど極めて珍しく、また、趣味性の高いクルマが集まることや、八ヶ岳のワインディングロードや白樺並木などの素晴らしいコース設定を挙げるこに異論は出まい。このことは、1991年に、初めて開催された当時から現在まで変わらない魅力として引き継がれている。

今年のコッパディ小海は、前日の夕方から雨が降り出し、みぞれ、雪へと天候は悪化した。しかし、幸いにもスタートする頃には霧は出ていたものの小雨へと変わり、やがて日差しが見えるほどに回復した。

参加台数は例年より少なく60台ほどであったが、戦前のブガッティだけでも4台、バルケッタと呼ばれるイタリアの小排気量レーシングモデルも4台集まり、これまで通り、いかにもコッパディ小海らしいエントリー内容であった。

初日の11日は、朝10時から各車スタート。エントラントはワインディングロードを楽しみながら、テラス蓼科・スパ&リゾートで昼食。その後、女神湖などを経由してスタートと同じ小海リゾートシティ・リエックスにゴールする約204kmのコースを走破した。

翌12日は諸事情により時間を30分早くスタートすることになったため、小海リゾートシティ・リエックスを9時半にスタート。ヒルクライムを行い、日本一白樺群生地など景色を楽しみながらお昼頃にゴールする約52kmのコースで、その後、昼食を取りながら表彰式を行い終了する予定だ。

  • 内田俊一
  • ランチア アウレリア《撮影 内田千鶴子》
  • 第25回コッパ ディ 小海《撮影 内田俊一》
  • ブガッティ T57《撮影 内田千鶴子》
  • ブガッティ T35A《撮影 内田俊一》
  • MG Nタイプマグネット《撮影 内田俊一》
  • スターティングフラッグは小さなお友達が振ってくれた《撮影 内田俊一》
  • マトラ ボネジェット《撮影 内田俊一》
  • フィアット アバルト850TCニュルブルクリンク《撮影 内田俊一》
  • アルファロメオ SZ2(前)とTZ1(後)《撮影 内田俊一》
  • 篠塚健次郎氏も先導者のフェラーリFFで参加《撮影 内田俊一》
  • MG Nタイプマグネット《撮影 内田千鶴子》
  • シトロエンSM《撮影 内田俊一》
  • ルネ ボネミシル《撮影 内田俊一》
  • 小海線の踏切を渡る参加車たち《撮影 内田千鶴子》
  • フィアット ディノ(前)とディノ206GT《撮影 内田俊一》
  • シアタ 750MM《撮影 内田俊一》
  • スタンゲリーニ 750S《撮影 内田俊一》
  • フィアット 850スパイダー《撮影 内田俊一》
  • フィアット 750ザガートMM《撮影 内田俊一》
  • ポルシェ 911《撮影 内田千鶴子》
  • チシタリア 202SC《撮影 内田俊一》
  • アルファロメオ ジュリアスプリントスペチアーレ《撮影 内田俊一》
  • 第25回コッパ ディ 小海《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ