【上海モーターショー15】中国クオロス、新コンセプトカー初公開へ…小型SUVを示唆

新車 レスポンス

中国上海に拠点を置く新興自動車メーカー、クオロス(QOROS)オートモーティブ社。同社が4月20日、中国で開幕する上海モーターショー15において、新たなコンセプトカーを初公開する。

同社は、2007年に設立された新興自動車メーカー。クオロス オートモーティブ社の市販第一号車として2013年春、ジュネーブモーターショー13で発表されたのが、『クオロス3』。これに続いて2014年春、ジュネーブモーターショー14では、『クオロス3 ハッチ』を初公開。クオロス3は4ドアセダンだったが、市販車第二弾のクオロス3 ハッチは、5ドアハッチバックだった。

2014年秋、広州モーターショー14では、『クオロス3 シティSUV』を発表。同社の市販車の第三弾で、同社初のSUV。中国市場で急成長中の小型SUV市場に、クオロス3 シティSUVで参入した。

クオロスは4月20日、中国で開幕する上海モーターショー15において、『クオロス2 SUV』を初公開する計画。同車は、クオロス3 シティSUVの下に位置する小型SUVを示唆したコンセプトカーとなる。

クオロスは、クオロス2 SUVの予告スケッチを1点配信。クオロス3 シティSUVの流れを汲んだデザインが見て取れる。

  • 森脇稔
  • クオロス3ハッチ
  • クオロス3 シティSUV
  • クオロス3 シティSUV
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ