【マツダ CX-3 発売】ディーゼル音低減装置の装着率14%、多いか少ないか

新車 レスポンス

マツダが2月27日に発売した新型コンパクトクロスオーバーSUV『CX-3』には、ディーゼルエンジン特有のノック音を低減するために「ナチュラル・サウンド・スムーザー」と名付けた世界初の技術が採用されている。

ナチュラル・サウンド・スムーザーは、ピストンに組み入れたダンパーが、燃焼によるピストン系のノック振動を打ち消すことで、ノック音のエネルギーを効果的に吸収・減衰する仕組みで、これにより発進時やゆっくり加速する際の生じるノック音を抑制するとともに、エンジン音質も向上できるとしている。

だがマツダ国内営業本部ブランド推進部の齊藤圭介主幹によると、ナチュラル・サウンド・スムーザーの装着率は「現時点で全体の14%」にとどまっている。

というのもナチュラル・サウンド・スムーザーは、減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」との組み合わせによる「イノベーションパッケージ」として6万4800円でメーカーオプションとして販売しているが、「一番下のXDグレードには装着設定がなく、中間と最上位のグレードに装着できるようになっている」からだ。

また「他のオプションとのセットオプションになっているので、実際にナチュラル・サウンド・スムーザーを装着するとなるとオプションの総額は16万2000〜28万800円になる。しかもセットオプションのひとつ『ボーズサウンドシステム』を付けると荷室が狭くなるため、それで躊躇される方もいる」という。

その一方で「スムーザーがなくても全然問題ないというお客様もいる。また若い人に話を聞くと、ディーゼルエンジンに対するネガティブなイメージがほとんどなくて、先進的なエンジンとして受け入れられている」とも。

齊藤主幹はナチュラル・サウンド・スムーザーの装着率に関して「想定通り」としながらも、「本当はもう少しつけてもらいたい。今後、見直しも含めて検討したい」と本音を漏らしていた。

なおグレード別の装着率は「最上位のXD Touring Lパッケージが4割。真ん中のXD Touringで8%くらい」とのことだ。

  • 小松哲也
  • ナチュラル・サウンド・スムーザー《提供 マツダ》
  • ナチュラル・サウンド・スムーザー《提供 マツダ》
  • マツダ CX-3《撮影 小松哲也》
  • マツダ CX-3《撮影 小松哲也》
  • マツダ CX-3《撮影 雪岡直樹》
  • マツダ CX-3《撮影 雪岡直樹》
  • マツダ CX-3《撮影 雪岡直樹》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ