【SBK 第3戦】カワサキ ジョナサン・レイ、第1レースで今季4勝目

モータースポーツ レスポンス

スーパーバイク世界選手権(SBK)第3戦アラゴン大会が、4月10日から12日までの3日間、スペインのモーターランド・アラゴンで開催された。

決勝第1レース、ジョナサン・レイ(カワサキ)はオープニングラップで3番手。トップを走るチームメイトのトム・サイクスとチャズ・デービス(ドゥカティ)を追った。レース中盤までは、この3人が一定の間隔でトップグループを形成し、ハイペースで4位以下をジリジリと引き離した。

そのトップグループの中で、レイは落ち着いた走りを見せる。フリー走行、予選と、決勝に向けて入念にセットアップを進めてきた成果が、タイヤが消耗し始める中盤に発揮された。8周目にデービスをかわし2番手に浮上すると、その勢いをキープしたままトップを走るサイクスを追う。そして13周目にサイクスをかわしトップに浮上すると、終盤のデービスの猛追撃をかわし、開幕から3戦連続4回目の優勝を果たした。

第2レースは、デービスが序盤からペースを上げて独走状態。この日、高熱のために体調を崩していたレイは深追いをせず、2位をキープする作戦を取った。終盤は、追い上げてきたレオン・ハスラム(アプリリア)とし烈な2位争いとなったが、ラスト2周でスパートを掛けてハスラムを突き放した。これで開幕戦から3戦6レース連続で表彰台を獲得。総合首位をキープするだけでなく、2位のハスラムとのポイント差を26点へと広げた。

■レース1

1位:ジョナサン・レイ(カワサキ)

2位:チャズ・デイビス(ドゥカティ)

3位:トム・サイクス(カワサキ)

4位:レオン・ハスラム(アプリリア)

5位:ジョルディ.トーレス(アプリリア)

6位:シャビ・フォレス(ドゥカティ)

■レース2

1位:チャズ・デイビス(ドゥカティ)

2位:ジョナサン・レイ(カワサキ)

3位:レオン・ハスラム(アプリリア)

4位:ジョルディ.トーレス(アプリリア)

5位:シャビ・フォレス(ドゥカティ)

6位:デビッド・サロム(カワサキ)

■ポイントスタンディング

1位:ジョナサン・レイ(カワサキ)140P

2位:レオン・ハスラム(アプリリア)114P

3位:チャズ・デイビス(ドゥカティ)83P

4位:トム・サイクス(カワサキ)66P

5位:ジョルディ.トーレス(アプリリア)63P

6位:シルバン・ギュントーリ(ホンダ)48P

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ジョナサン・レイ(カワサキ)
  • ジョナサン・レイ(カワサキ)
  • ジョナサン・レイ(カワサキ)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ