フォード モンデオ 新型、ロシア合弁工場で生産開始

業界 レスポンス

米国の自動車大手、フォードモーターのロシア合弁、フォードソラーズは4月10日、新型フォード『モンデオ』のロシア現地生産を開始した。

フォードモーターは1907年、ロシア市場に進出。1991年にはロシア市場に再参入し、販売網を築いた。2002年には、初のロシア工場が完成。2011年には、ロシア大手のソラーズと合弁契約を結び、現在はフォード『フォーカス』などを現地生産している。

モンデオはもともと、フォードモーターの欧州市場向けモデル。2012年秋、パリモーターショー12で発表された新型は、北米向けフォード『フュージョン』の兄弟車に生まれ変わった。

今回、新型モンデオの生産を開始したのは、フォードソラーズのフセヴォロシュスク工場。サンクトペテルブルク近郊の同工場から、ブルーのボディカラーをまとった第一号車がラインオフした。

フォードソラーズのテッド・キャニス社長兼CEOは、「フォード車のロシアでのラインナップ拡大のために、投資を続けていく」と述べている。

  • 森脇稔
  • フォード フォーカス
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ