【ランドローバー ディスカバリースポーツ 発表】「寝る間も惜しんで楽しみたい」人がターゲット

新車 レスポンス

ランドローバー『ディスカバリースポーツ』のユーザー像は、“エブリデイアクティブ”。常に楽しい時間を過ごしたいという欲求を持つ方々で、寝る間も惜しんで人生を楽しみたい。人生を謳歌したい。そういった考えを持っている方だという。

そう話すのは、ジャガー・ランドローバー・ジャパンマーケティング・広報部の須藤博さんだ。「非常にアクティブに活動し、体を動かすことを重要視している方々だ。従って、クルマもより道具として、色々なものを積んで色々なところへ出かけるような、そういった方々を想定している」と説明する。

ユーザー層は、「ファミリー層やエンプティネスター(子供が独立した世代)、及び非常に特徴的でクレバーな製品を望むその他の顧客層へ、強いアピールを持つクルマをコンセプトとしている」と話す。

では、ディスカバリースポーツとレンジローバー『イヴォーク』のユーザー層の違いは何か。イヴォークのユーザーがクルマに求めるものは、「洗練性や、ラグジュアリー、プレステージ性といった項目が上位に来るだろう。その次の段階として機能性や多用途性がある。それに対し、ディスカバリースポーツには、多用途性や使い勝手の良さが最上位になり、次にラグジュアリーさや洗練性といった項目が来るのだ」(須藤さん)。つまり、それぞれの項目の優先順位が違うのだ。

従って、ディスカバリースポーツであれば、「クルマを自分のライフスタイルの道具のひとつとして、使い倒すことを考えている方々で、アクティブで道具をいっぱい積んでどこか行きたいという志向を持っている。イヴォーグでは、道具が積み切れないとか、使い勝手が悪いと感じられるだろう」とし、「ディスカバリースポーツは、そういうアクティブな方々が、自分の生活を楽しむうえで、必要なパートナーとなりえるクルマだと考えている」と語った。

  • 内田俊一
  • ランドローバー ディスカバリースポーツ《撮影 内田俊一》
  • ランドローバー ディスカバリースポーツ《撮影 内田俊一》
  • ランドローバー ディスカバリースポーツ《撮影 内田俊一》
  • ランドローバー ディスカバリースポーツ《撮影 内田俊一》
  • ランドローバー ディスカバリースポーツ《撮影 内田俊一》
  • ランドローバー ディスカバリースポーツ《撮影 内田俊一》
  • ランドローバー ディスカバリースポーツ《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ