【上海モーターショー15】MINI、Aピラーの透視もできる「拡張現実メガネ」を公開

新車 レスポンス

BMWグループのMINIは4月10日、中国で4月20日に開幕する上海モーターショー15において、MINI 『Augmented Vision』(拡張現実メガネ)を初公開すると発表した。

この拡張現実メガネは、「グーグルグラス」などと同様、AR(拡張現実)技術を用いたもの。MINIは現在、米国のクアルコム社と拡張現実メガネを共同開発しており、上海モーターショー15では、プロトタイプを披露する。

MINIのドライバーが、この拡張現実メガネを装着すると、運転中にメガネの視界を通して、ナビゲーション情報をはじめ、ヘッドアップディプレイのように車速などのデータ表示を読み取ることができる。

「メッセージング」機能では、メールを受信したことを、小さなアイコンでメガネに表示。さらに、「X-Rayビュー」機能と称して、死角となりやすいAピラーやドアを、透視して見ることも可能にした。

また、メガネの中央部分に、カメラを内蔵。車両を後退させる際、後ろを振り返れば、カメラが捉えた映像を投影して、縁石からの距離を確認することもできる。

  • 森脇稔
  • MINIのAugmented Vision(拡張現実メガネ)
  • MINIのAugmented Vision(拡張現実メガネ)
  • MINIのAugmented Vision(拡張現実メガネ)
  • MINIのAugmented Vision(拡張現実メガネ)
  • MINIのAugmented Vision(拡張現実メガネ)
  • MINIのAugmented Vision(拡張現実メガネ)
  • MINIのAugmented Vision(拡張現実メガネ)
  • MINIのAugmented Vision(拡張現実メガネ)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ