【ニューヨークモーターショー15】米国の新型スーパーカー、プレスデーに出展間に合わず

新車 レスポンス

4月1日、米国で開幕したニューヨークモーターショー15。地元ニューヨーク発の新型スーパーカーが、遅れてデビューを果たした。

これは、米国に本拠を置くLyonsモーターカーが発表したもの。新型スーパーカーの『LM2ストリームライナー』は4月1-2日のプレスデーには間に合わず、一般公開のタイミングでのお披露目となった。

Lyonsモーターカーは、2011年にニューヨークに設立された新興メーカー。Kevin Lyons氏が代表を務める。2001年には、ランボルギーニ『ディアブロ』をベースに、ハンドメイドのボディを載せたカスタマイズカーを発表し、注目された。

そんなLyonsモーターカーの第一号車として、ニューヨークモーターショー15で初公開されたのが、LM2ストリームライナー。最大出力は1700hpという驚異的パワーを引き出す。

ニューヨークモーターショー15の会場に、遅れて登場したLM2ストリームライナーは、モックアップといった雰囲気。同社は、「0-96km/h加速は2.2秒」と、高らかに宣言している。

  • 森脇稔
  • LyonsモーターカーのLM2ストリームライナー(ニューヨークモーターショー15)
  • LyonsモーターカーのLM2ストリームライナー
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ