小糸製作所、LEDヘッドランプ開発と普及で文部科学大臣賞

業界 レスポンス

小糸製作所は、世界初となるLEDヘッドランプの開発で同社の技術者5人が2015年度科学技術分野の文部科学大臣表彰・科学技術賞を4月15日に受賞したと発表した。

文部科学大臣表彰は、科学技術に関する研究開発、理解増進で顕著な成果を収めた人に贈られる。同社では2013年度の「水銀フリーディスチャージヘッドランプの開発」に続く2回目の受賞となる。

同社では、2007年に世界初となるLEDヘッドランプの量産化に成功した。その後の技術開発で、当初ヘッドランプとするため5個必要だったLEDを1個にまで削減、省電力化に成功した。これはLEDの明るさ向上に加え、光を無駄なく利用する最新の光学技術、効率よくLEDを冷却する放熱技術などの成果。

大幅な省電力化と小型・軽量、低コストを実現したことで、高級車だけでなく軽自動車や二輪車にまで広く搭載されている。2015年3月末時点で累計生産数は620万個に達している。

今後は現在の主流であるハロゲンヘッドランプからLEDヘッドランプへの切り替えが進む見通しで、省電力化による燃費低減でCO2排出量低減に寄与する。

今回の受賞は、CO2を削減できる技術開発が評価されたもの。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ