シボレー スパーク EV、米国価格を引き下げ…月々139ドルから

エコカー レスポンス

米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは4月14日、『スパークEV』の米国価格を引き下げると発表した。

スパークEVは2012年11月、ロサンゼルスモーターショー12で発表。小型5ドアハッチバックの『スパーク』をベースに開発されたEV。EVパワートレインは、GMが独自開発。モーターは最大出力130ps、最大トルク55.3kgmを引き出す。強力なトルクのおかげで、0-96km/h加速は8秒以下の実力。

二次電池は、蓄電容量21kWhのリチウムイオンバッテリー。GMやフォルクスワーゲンなど、欧米の自動車メーカーが推進する急速充電システム、「コンボ方式」を初めて導入。80%のバッテリー容量なら、約20分で充電できる。

スパークEVは2013年6月、米国の一部州で販売を開始。当初の価格は、3年リースの場合、契約時に999ドル、月々199ドル。購入の場合は、2万7495ドルで、米政府によるタックスクレジットが最大限適用されれば、1万9995ドルとしていた。

4月14日、シボレーはスパークEVの米国価格を引き下げると発表。購入の場合の価格は2万5995ドル、リースの場合の価格は月々139ドルに引き下げた。シボレーは、「タックスクレジットが最大限適用された場合、価格は1万4995ドルに下がる」と説明している。

  • 森脇稔
  • GMのシボレー スパーク EV
  • GMのシボレー スパーク EV
  • GMのシボレー スパーク EV
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ