キャデラック ELR に2016年型…PHVシステムの性能強化

新車 レスポンス

米国の自動車最大手、GMの高級車ブランド、キャデラックは4月15日、『ELR』の2016年モデルを米国で発表した。

ELRは2013年1月、デトロイトモーターショー13で初公開。キャデラックの新たな2+2のラグジュアリークーペで、キャデラック初の市販PHV。GMはモーター走行を基本に、発電用のエンジンを備えたPHVシステムを2010年末、シボレー『ボルト』で実用化。この「エクステンディット・レンジ・エレクトリックビークル」(航続距離延長EV)技術が、キャデラックELRにも応用されている。

キャデラックELRは、最大出力220hp、最大トルク40.8kgmを発生するモーターを搭載。このモーターのおかげで、最大60kmゼロエミッション走行できる。

二次電池は、蓄電容量16.5kWhのリチウムイオンバッテリー。バッテリー残量が少なくなると、発電用の1.4リットル直列4気筒ガソリンエンジンが始動。ジェネレーターを回してモーターに電力を送ると同時に、バッテリーを充電する。これにより、ELRは最大航続可能距離を伸ばす。

今回、キャデラックは、ELRの2016年モデルを米国で発表。PHVシステムの性能強化が図られた。モーターは、最大出力を236hpに強化。リチウムイオンバッテリーの蓄電容量も16.5kWhから17.1 kWhへ引き上げた。これにより、0-96km/h加速は6.4秒に、1.5秒短縮。EVモードも、最大63kmへ伸びている。

  • 森脇稔
  • キャデラック ELR の2016年モデル
  • キャデラック ELR の2016年モデル
  • キャデラック ELR の2016年モデル
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ