豊田通商、トヨタ進出のメキシコに自動車用鋼管の新加工会社

業界 レスポンス

豊田通商は、豊田通商メキシコ、豊通鋼管と共同で自動車に使用される鋼管の加工会社を今年7月にメキシコ・ケレタロ州のケレタロ工業団地内に設立し、10月から操業開始すると発表した。

トヨタ自動車がメキシコ進出を正式に決定したのを受けて、自動車用鋼管の供給体制を整える。

新会社は「トヨタツウショウ・スチール・パイプ・デ・メキシコ」で、資本金が96万6000ドル。出資比率は豊田通商が70%、豊田通商メキシコが20%、豊通鋼管が10%。

豊田通商は、日系自動車メーカーが相次いで生産能力を新・増設してきたメキシコでの自動車生産台数が拡大すると判断、納入先の現地調達ニーズに対応する。

進出するケレタロ州では、日系自動車部品メーカーが進出して工場も拡張しており、近隣のグアナファト州でも、日系自動車メーカーの工場進出が進んでいる。

豊田通商は、2012年2月にメキシコで丸一鋼管グループの鋼管製造会社に出資参画した。今回、鋼管の加工ノウハウを持つ豊通鋼管、現地事情に精通した豊田通商メキシコと、新会社を設立することで、既存の物流網・拠点ネットワークを通じてバリューチェーンを拡充する。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ