UDトラックス、南アフリカでクエスター発売…周辺8か国にも順次投入

業界 レスポンス

UDトラックスは4月16日、国外最大市場である南アフリカに大型トラック『クエスター』を投入したと発表した。タイの工場から部品を輸出し現地で組み立て、年内に周辺8か国にも順次投入する。

南アフリカはUDトラックスの国外最大市場で年間販売台数は大・中・小型合わせて約3000台強。1962年の同市場への参入以来、約50年以上、現地の物流ニーズにきめ細やかに対応してきた。大型市場では、2002年に400馬力を超えるモデルを投入したのを機に、続く2012年の『クオン』で、ブランド力を確立してきた。

クオンはこれまで、海上コンテナ、石炭・鉄・クロムなどの鉱物資源、建築資材、木材、穀物、サトウキビなどの農産物などの、片道1000km程度の中距離輸送をおもに担ってきた。南ア市場では従来からの輸送ニーズに加え、ダンプやミキサー、散水車などの車型でのクエスター投入で、インフラや建設現場での需要に応えていく。また、新興国が求める高い積載容量、様々な架装への対応能力、メンテナンスのしやすさ、オフロードでの頑強性能を実現し、中・短距離輸送での多様なニーズに対応できる仕様を取り揃える。

組立部品(ノックダウン部品)はUDトラックスのタイ工場で製造・集約し南アに輸出。ボルボ・グループの現地工場で組み立てる。南アで組み立てた車両は、2015年以降、ジンバブエ、ザンビア、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、ボツワナ、スワジランド、レソトといった周辺8か国にも順次投入していく。南アでの販売・整備は48拠点ある現地ディーラーが担当。2015年は周辺国とあわせて約400台のクエスター販売を目指す。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • UDトラックス クエスター(ミキサー)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ