TI、車載HUD向け新型DLPチップセットを発表…業界最大の視野表示を実現

テクノロジー レスポンス

米テキサス・インスツルメンツ(TI)は、業界最大の視野表示を実現する車載HUD向け新型DLPチップセット「DLP3000-Q1」を発表した。

DLP3000-Q1チップセットは、WVGAの解像度に対応した0.3インチDMD(デジタル・ミラー・デバイス)と「DLPC120」コントローラで構成し、業界最大となる12度の視野表示のHUDを提供。各種情報を2〜20メートル先の知覚深度でドライバーの視野内にリアルタイムに表示し、運転への集中を支援する。

DLP3000-Q1をベースとしたHUDは、全世界の映画館の8割以上が採用しているデジタルプロジェクタと同じコアテクノロジーを持つ。輝度は1万5000cd/平米、動的な調光範囲は5000:1、FOFOコントラストは1000:1を超え、NTSC色域性能は125パーセントを実現する。

車載HUDアプリケーション向けのDLP3000-Q1 チップセットは、現在、大手自動車メーカー各社やティア1サプライヤ各社向けにサンプル供給中。DLP 0.3インチWVGA DMDはタイプAパッケージで、DLPC120はZXSパッケージで供給の予定。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ