ホンダ、台湾二輪市場に再参入…大型モデルなど9車種の販売を開始

モーターサイクル レスポンス

台湾ホンダは、台北市で記者会見を開き、4月18日より大型二輪車の販売を開始することを正式に発表した。

同社は4月18日以降、北部、中部、南部の主要都市において計4拠点の販売店を順次オープン。日本から輸入する『インテグラ』『CTX700N』『CTX1300』『GL1800C』『NC750X』『CB1100EX』や、タイ現地法人から輸入する『NSS300』『CBR500R』『CBR650F』の計9モデルを販売する。

また販売店では、日本で研修を重ねたサービス技術担当者を配置し、関連部品や用品も充実させるなど、質の高いサービスを提供していく。

ホンダは、1961年から、現地企業へ技術の供与を行う形態で(TC契約)、125ccクラスの小型車を中心に現地で生産・販売活動を行っていたが、2003年のTC契約解消に伴い、台湾での二輪車事業を終了した。

しかし、2002年に台湾が世界貿易機関(WTO)へ加入したことで、大型二輪車市場が開放されたことや、近年の所得向上などの要因から、大型二輪車市場は拡大。ホンダは台湾で二輪車市場へ再参入し、大型二輪車を販売することを決定した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ホンダ CTX1300
  • ホンダ CB1100 EX《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ