鈴鹿サウンド・オブ・エンジン、マツダ 787B(JSPC) ニッサン R91CP のデモラン決定

モータースポーツ レスポンス

モビリティランドは、5月23日・24日に鈴鹿サーキットで開催するヒストリックイベント「鈴鹿サウンド・オブ・エンジン 2015」に登場する新たなデモランマシンを発表した。

新たにデモランが決まったのは、「マツダ 787B #202 JSPC仕様車(1991年)」「ニッサン R91CP(1992年)」「ホンダ RA301(1968年)」「ホンダ NS500(1984年)」の4台。

MAZDA 787B #202 JSPC仕様車は、ルマン24時間で優勝したマツダ787Bの日本仕様車。ニッサン R91CPは、デイトナ24時間で長谷見昌弘/星野一義/鈴木利男組が日本人・日本車初の総合優勝を飾った記念すべきマシン。両モデルは5月23日に東コースで開催する「サウンド・オブ・グループC」でデモランを行う。

ホンダ RA301は、1964年から始まったホンダの第1期F1チャレンジの最後を務めた最強マシン。5月23日に東コースで開催する「サウンド・オブ・ホンダF1」でデモランを行う。

ホンダ NS500は、1983年にフレディ・スペンサーがWGPタイトルを獲得した3気筒モデル。5月23日・24日の両日、東コースで開催する「サウンド・オブ・GP500」でデモランを行う。当日はエディ・ローソンがNS500を走らせる。

同イベントの前売券は大人2000円、中高生1700円、小学生800円、3歳〜未就学児600円で発売中。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ニッサン R91CP(1992年)
  • ホンダ RA301(1968年)
  • ホンダ NS500(1984年)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ