アジアロードレース 第3戦、全5クラスを鈴鹿で開催…7月3日〜5日

モータースポーツ レスポンス

モビリティランドは、「2015 アジアロードレース選手権 第3戦」を7月3日から5日の3日間、鈴鹿サーキットにて開催する。

2015年に設立20周年を迎える同選手権はマレーシア、インドネシア、タイ、カタール、そして日本を舞台に年間全6戦を開催。選手は開催国を中心にアジア、オセアニアの13か国以上から110名を超える若手、ベテラン選手が多数参戦し、チャンピオン争いを繰り広げる。

国内では唯一、2013年以来3回目となる鈴鹿サーキットでは、250ccロードレーサーで競う「アジアプロダクション250cc」と、加賀山就臣選手が企画運営した「スズキ・アジアン・チャレンジ」の2カテゴリーを初開催。これまでの「スーパースポーツ600cc(SS600)」「アジアドリームカップ」「アンダーボーン130cc」の3クラスを加えた5クラスを国際レーシングコースのフルコースで開催する。参加国数・ライダーは過去最大となる見込みだ。

なお、同イベントはゆうえんちモートピア入園料(大人1700円・子ども800円・幼児600円)で、観戦およびパドックエリアまで入場可能となる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 加賀山就臣選手(中央)
  • アンダーボーン130ccのレースシーン
  • スズキ・アジアン・チャレンジ
  • 高橋裕紀選手
  • アジアドリームカップのレースシーン
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ