F1登竜門、GP2デビューの松下信治が予選2位…レース1決勝は不発に

モータースポーツ レスポンス

F1バーレーンGPの併催で実施されている、F1の登竜門カテゴリー「GP2」の今季開幕大会で、初陣の日本人選手・松下信治(のぶはる)が予選2位を獲得した。

昨年の全日本F3チャンピオンで現在21歳の松下は、ホンダ系の若手ドライバー。今季のGP2には、F1でホンダがパワーユニットを供給しているマクラーレンの系列チームである「ART Grand Prix」からの参戦となっている(昨年は同チームから伊沢拓也がGP2に参戦した)。

チームメイトのストフェル・ヴァンドーンに次ぐ予選2位となった松下は、予選後に「とても嬉しい。でも、チームメイトがもっと速かった。自分の問題(課題)はブレーキングポイントにあって、彼と比べた時に(ポイントが)早いみたいだ。ただ、フリー走行ではあまり順位が良くなかったのに、問題に取り組んで(最終的に)予選では2位を獲得できたのだから、わるくはないんだと思う」と、笑顔で語ったという(コメントはGP2公式サイトより)。

F1併催のGP2は各大会が原則2レース制。F1の予選日に長めのレース1決勝が実施され、F1決勝日に短いレース2決勝が実施される。予選結果はレース1のグリッドに反映され、レース2のグリッドはレース1の決勝結果に基づくフォーマットだ(ただしレース2の1〜8番グリッドには、レース1決勝上位8人がリバースで配される)。

過去、日本人選手の多くが苦戦傾向にあったGP2だけに、開幕前テストでもセッション1位を獲るなどしており、本番の初陣で2番グリッドを獲得した松下のレース1決勝には大きな注目が集まった。しかし、スタートで大きく順位を落としてしまったようで(原因は現時点で不明)、10位という順位に終わっている(タイムペナルティを受けている模様)。序盤にセーフティカー導入があるなどした一戦を制したのはヴァンドーンだった。

初戦決勝こそ不発だったが、松下にはレース2決勝、そして次大会以降でのさらなる躍進に期待がかかる。

  • 遠藤俊幸
  • #6 松下はレース1決勝で10位だった模様。写真:GP2
  • 予選トップ3。左が松下、中央がチームメイトでポール獲得のヴァンドーン。写真:GP2
  • レース1決勝のスタート。松下のマシンは集団に埋もれてしまったようだ。写真:GP2
  • ヴァンドーン(中央)がレース1決勝を制した。写真:GP2
  • 松下(左)はARTA=AUTOBACS RACING TEAM AGURI系の選手でもあり、バーレーン現地には鈴木亜久里ARTA代表(中央)、GT500のARTAドライバー松浦孝亮(右)らも帯同している模様(ARTとARTAは別組織)。写真:GP2
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ