2015年3月の世界新車販売、年率換算で8890万台…マークラインズ

業界 レスポンス

自動車産業ポータルを運営するマークラインズは、業務提携する英国の調査・コンサルティング会社LMC社による、2015年3月の世界新車販売台数を発表した。

それによると、3月のグローバル・ライトビークル(乗用車・小型商用車)販売は、1月と2月の軟調な販売から少し改善して季節調整済み年率換算販売が8890万台/年となった。2015年通年のグローバル販売予測については、8900万台超へと若干下方修正した。西欧、米国と中国の販売は好調を維持しているが、ロシア市場の崩壊とブラジル市場の不調がグローバル販売の成長率を低下させている。

米国は、前年同月比ベースでは0.6%増とぎりぎりプラス成長となった。しかし、季節調整済み年率換算の販売でみると1700万台/年と好調な販売を維持。第1四半期全体の成長は、ほとんどライトトラックの販売増加によるものだった。

西欧市場は前年同月比で10%超と回復の勢いが加速してきた。季節調整済み年率換算販売も1470万台/年と過去4年間で最高となった。イギリス市場は好調さが際立っているが、スペイン、フランス、ドイツも上昇傾向を示している。

中国市場の3月の季節調整済み年率換算販売は2470万台/年となり、春節の休みを考慮した2月の季節調整済み年率換算販売と同じだった。しかし、販売内容をみると、乗用車と小型商用車販売差の拡大が継続。乗用車販売が前年同月比で12%増加したのに対して、小型商用車販売は前年同月比で18%減となった。

日本は、2015年4月の自動車課税変更を前にして季節調整済み年率換算販売が520万台/年へと上昇。駆け込み需要の影響で、今後数か月は販売の勢いが弱くなることが予想される。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • グローバル・ライトビークル販売
  • トヨタ RAV4(参考画像)
  • フォルクスワーゲン ポロ セダン(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ