プロジェクションマッピングで自動ブレーキ再現、自動車アセスメント発表会…5月8・9日

社会 レスポンス

国土交通省は、5月8、9日の2日間、2014年度の自動車アセスメント結果の発表会を実施すると発表した。

国交省と独立行政法人自動車事故対策機構は、自動車・チャイルドシートの衝突試験などを実施・評価することで、安全な自動車の普及促進を図る自動車アセスメント事業を実施している。2014年度からは、新たに衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)をはじめとした「予防安全性能アセスメント」も開始している。

今回、2014年度に試験を実施した自動車の安全性能評価結果について東京国際フォーラムで結果発表会を実施する。

会場では、JNCAPファイブスター受賞車両やISO-FIX対応チャイルドシートを展示するほか、最新の映像技術を使って衝突被害軽減ブレーキのイメージ映像を放映する。衝突被害軽減ブレーキのプロジェクションマッピングも実施する。

また、冬期五輪スキージャンプ最年長メダリストの葛西紀明選手と開発責任者によるトークショーも実施する。

入場は無料。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ