【全日本モトクロス 第2戦】「IA1」はカワサキの新井宏彰がダブルウィン!

モータースポーツ レスポンス

「2015 MFJ 全日本モトクロス選手権シリーズ第2戦 関東大会」の決勝が4月20日、埼玉県川越市のオフロードヴィレッジで行われた。

心配された雨はほとんど降らず、コースはベストコンディション。曇り空のもと、9200人の観客を集めた。

17連100m長のロングフープスや「アルファードジャンプ」と名付けられた迫力満点のビッグジャンプなど、スーパークロス風のレイアウトを用いた難コースでのレースを制したのは、「IA1」では「K.R.T.(カワサキ・レーシング・チーム)」の新井宏彰。

ヒート1とヒート2、両レースともトップでチェッカーを受け、自身としては2009年の関東大会以来となるパーフェクトウィンを果たした。

第1戦九州大会「IA1」でダブルウィンを達成し、王座防衛に向けて好発進した絶対王者、成田亮(Team HRC)は、鎖骨のケガの影響からヒート1=7位、ヒート2=10位と振るわず。

ただし、レース後のコメントでは「落ち込んでいないと言えばウソになりますが、気持ちを前に向けていきたいと思います。今季は昨年までより1戦多いということもあり、チャンピオンシップに対しての焦りはありません」と、次戦以降に向け早くも切り替えているのは、さすがとしか言いようがない。

「IA2」は「Team HRC」の富田俊樹が、ヒート1=2位、ヒート2=1位で総合優勝。富田は2大会連続で、このクラスを制覇したものの、レース後には「ぶっちぎりの勝利ではないので、満足度は高くありません」と、まだまだ高みを目指す心意気。

Team HRC監督の芹沢直樹も、「走りとしては非常に高いレベルにあったと思います。次戦こそ、両ヒート制覇を狙います」と、自信をのぞかせた。

  • 青木タカオ
  • IA1クラスでパーフェクトウィンを果たした「K.R.T.(カワサキ・レーシング・チーム)」の新井宏彰。撮影:青木タカオ
  • IA2で総合優勝した「Team HRC」の富田俊樹。画像提供画像提供:ホンダ
  • IA2で総合優勝した「Team HRC」の富田俊樹。画像提供画像提供:ホンダ
  • 注目のディフェンディングチャンピオン成田亮(Team HRC)は、ヒート1=7位、ヒート2=10位と振るわず。画像提供画像提供:ホンダ
  • 埼玉県川越市のオフロードヴィレッジには、9200人の観客が集まった。撮影:青木タカオ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ