VW のヴィンターコルンCEO、続投へ…世界首位へ体制強化

業界 レスポンス

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループ。同社のトップが、続投する方向であることが分かった。

これは4月17日、フォルクスワーゲングループが明かにしたもの。同社の監査役会の執行委員会は、「2016年2月に開く監査役会において、CEOの続投を提案する」、との声明を出している。

なお、ヴィンターコルンCEOの現在の任期は、2016年末まで。監査役会の執行委員会は、「マルティン・ヴィンターコルンCEOを、全面的に支持する」と、発表した。

フォルクスワーゲングループは2018年までに、世界新車販売や収益性の面で、トヨタグループを上回り、世界第一位の自動車メーカーになることを目指す。

ヴィンターコルンCEOの続投が決まれば、この目標達成に向けて、さらに体制を強化することになる。

  • 森脇稔
  • 上海モーターショー15に先駆けて行われた、VWグループのプレビューイベント《撮影 関航介》
  • 上海モーターショー15に先駆けて行われた、VWグループのプレビューイベント《撮影 吉田瑶子》
  • A6 L e-トロン《撮影 吉田瑶子》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ