【上海モーターショー15】マツダ、中国で年間22万台を販売へ…SKYACTIV 比率は7割に

新車 レスポンス

マツダは4月19日、上海モーターショー15のプレビューイベントを中国で開催。今後の中国市場への取り組みを発表した。

マツダの上海モーターショーのプレビューイベントは、上海市内のベトナム料理店で開催。中国のメディア関係者を中心に、100名以上が参加している。

この席でマツダは、2015年の中国販売目標について、「前年比6.6%増の22万台」と発表。マツダの2014年の中国新車販売は、21万1013台。前年比は13%増と、4年ぶりに前年実績を上回った。

2015年1‐3月は、前年同期比6.6%増の5万8636台と、過去最高。このことから、2015年年間では再び20万台を超えて、22万台の販売を見込む。

目標達成の原動力が、新型車の投入。2015年は、主力車種の『アテンザ』と『CX-5』に、改良新型モデルを投入。マツダは、「中国販売におけるSKYACTIV搭載車の販売比率を、70%へ引き上げる」と意欲を示している。

  • 森脇稔
  • マツダ(上海モーターショー15)《撮影 吉田瑶子》
  • マツダ(上海モーターショー15)《撮影 吉田瑶子》
  • マツダ(上海モーターショー15)《撮影 吉田瑶子》
  • マツダ(上海モーターショー15)《撮影 吉田瑶子》
  • マツダ(上海モーターショー15)《撮影 吉田瑶子》
  • マツダ(上海モーターショー15)《撮影 吉田瑶子》
  • マツダ(上海モーターショー15)《撮影 吉田瑶子》
  • マツダ(上海モーターショー15)《撮影 吉田瑶子》
  • マツダ(上海モーターショー15)《撮影 吉田瑶子》
  • マツダ(上海モーターショー15)《撮影 吉田瑶子》
  • マツダ(上海モーターショー15)《撮影 吉田瑶子》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ