古河電工、自動車向けに耐磨耗性能を改善した「銀系特殊めっき」を開発

業界 レスポンス

古河電工グループのKANZACCは、耐摩耗性能を改善した「銀系特殊めっき」の開発に成功し、自動車向けに本格投入すると発表した。

新商品の開発を機に、同社では、各種めっき製品の販売体制も強化、自動車市場向けめっき事業の売上比率を、2014年度の10%から2018年度までに50%以上に引き上げる。

自動車の高性能化に伴って、各種電装部品の数が増加しており、自動車用コネクタ端子の使用量も増えている。コネクタ端子は酸化防止のため、銅合金に銀や錫めっきなど、表面処理されているが、挿抜・摺動回数の増加に伴って、めっき表面の耐摩耗性能向上が課題となっていた。

今回、銀の低接触抵抗の特性を活かしながら、耐摩耗性を大幅に改善した「銀系特殊めっき」の開発・量産化に成功した。自動車用コネクタのスイッチ接点用途などとして、挿抜・摺動回数の増加による耐摩耗性能を大幅に向上し、銀めっきの厚さを50%薄肉化することで、原料費の削減にも貢献する。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ