【全日本モトクロス 第2戦】ヤマハ勢、IA2岡野が閃光を放つもIA1はエース不在で苦戦

モーターサイクル レスポンス

チャンピオン勝谷武史が不在で、今季の行方がまったく読めない全日本モトクロス「IA2」クラス。オフロードヴィレッジ(埼玉県)で開催された『全日本モトクロス第2戦 関東大会』(決勝 4月19日)もまた混戦を極めた。

今年からマシンをヤマハにした岡野 聖(フライングドルフィン サイセイ)は、予選日から好タイムをマーク。

第1ヒートでは、一昨年チャンピオンで今季も開幕戦で総合優勝した富田俊樹(Team HRC)を、リズムセクションでコースアウトした際にパス。そのまま逃げ切り、IA初優勝を果たした。

岡野は第2ヒートも好走し、3位表彰台の座を確保。両ヒート総合では2位となり、ポイントランキングでも富田に続く2位となった。

ヤマハ勢は「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」のエース・平田優が、開幕前の怪我の影響により今大会も「IA1」クラスを欠場。

IA1ルーキーの安原志が「YZ450FM」で上位進出を目指す重責を担ったが、ヒート1=11位、ヒート2=9位と振るわなかった。

また、ベテランの田中教世(TEAM TAKASE with YAMAHA)にも期待がかかったが、ヒート1=11位、ヒート2=9位と、表彰台を逃す。

レディースでは「YZ85LW」を駆る本田七海が4位に入賞したものの、開幕戦で2位表彰台に上がった安原さや(名阪レーシング)はスタートダッシュに失敗。追い上げも叶わず6位止まりだった。

  • 青木タカオ
  • 表彰台の中央は、IA2クラス第1ヒートで優勝した岡野聖。画像提供:ヤマハ
  • IA1クラスでYZ450FMを走らせる「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の#500 安原 志。画像提供:ヤマハ
  • IA1クラスで5位入賞した「TEAM TAKASE with YAMAHA」の#16 田中教世。画像提供:ヤマハ
  • IA2クラス「YAMALUBE RACING TEAM」の#43渡辺祐介は第1ヒートでリタイア。その影響で第2ヒートの出走を断念した。画像提供:ヤマハ
  • 第3戦以降も、ヤマハ勢から目が離せない。画像提供:ヤマハ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ