【上海モーターショー15】マツダ、中国市場を牽引する2モデルを歌とともに発表

新車 レスポンス

2015年4月20日に開幕した上海モーターショー。マツダのプレスカンファレンスは、三味線によるパフォーマンスと共にスタート。そして、2つのモデルが紹介された。

ひとつは、マイナーチェンジを行った『CX-5』、そしてもう1台が装備類を充実化された『マツダ6(日本名:アテンザ)』の2015年モデルであった。

「午年である昨年は、マツダの中国ビジネスにとって実り多い年となりました。マツダの新世代技術である“SKYACTIV”を全面採用したマツダ6および『マツダ3(日本名:アクセラ)』の2車種を発売。一昨年に導入したCX-5とともに、新しいマツダ・ブランドをより多くのお客様に知っていただく年となりました」とマツダの専務執行役員/中国董事長である稲本信秀氏は説明する。

こうした新しいモデルの導入もあり、昨年のマツダの中国での販売は、前年比13%増の21万台に。これは反日騒動で販売が低迷した2012年以来、3年ぶりの20万台超えの年となったのだ。また、2015年の1〜3月期の販売実績も過去最高。この勢いにのって、中国全販売におけるSKYACTIV搭載車の割合を70%までに引き上げたいと考えているという。

その牽引車となるのが、この日、紹介された2モデルだ。CX-5はマイナーチェンジにより、新デザインのフロントグリルやアルミホイールを採用。精悍な外観とすると共に、室内の質感も大幅に向上させた。新世代カーコネクティビティシステム「マツダコネクト」やドライバーをサポートする先進安全装備を新たに採用。乗り心地や静粛性も改善。マツダ6の2015年モデルは、「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)」や「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」などの先進安全装備を追加。19インチ高輝度アルミホイールやLED室内照明なども採用されている。

そうしたクルマの紹介後に登場したのが、中国におけるマツダのブランドキャンペーンである「BRAKER+ 超己心力量(ユエンジー・シンリー・リャン)」のテーマソングを歌うジャン・ウェイ氏だ。音楽オーディション番組である『中国好声歌』への参加で注目を高めた若手の歌手である。そして、カンファレンスではマツダのキャンペーンソング『生而不同』が披露された。

  • 鈴木ケンイチ
  • マツダ(上海モーターショー15)《撮影 鈴木ケンイチ》
  • マツダ(上海モーターショー15)《撮影 鈴木ケンイチ》
  • マツダ(上海モーターショー15)《撮影 鈴木ケンイチ》
  • マツダの専務執行役員/中国董事長である稲本信秀氏(上海モーターショー15)《撮影 鈴木ケンイチ》
  • ジャン・ウェイ氏《撮影 鈴木ケンイチ》
  • ジャン・ウェイ氏《撮影 鈴木ケンイチ》
  • マツダの専務執行役員/中国董事長である稲本信秀氏とジャン・ウェイ氏《撮影 鈴木ケンイチ》
  • マツダ(上海モーターショー15)《撮影 鈴木ケンイチ》
  • マツダ6(上海モーターショー15)《撮影 鈴木ケンイチ》
  • マツダCX-5(上海モーターショー15)《撮影 鈴木ケンイチ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ